人妻の気紛れで自堕落な生活

人妻の夜遊びとか不倫とか時々仕事とか

妬かせて煽る

私ってほんとゲスだなと思うのは、男に嫉妬させるのが悦びであること。

偶然愛人の親友と飲む機会があり、それをネタに愛人を妬かせて煽る。

男はみんな、女から去られることを想定しないで浮かれてるんだから、たまには懲らしめてやらないと。

やっぱり私、心のどこかで男を恨んでる気がする。

 

愛人の親友、ジアンとの馴れ初め↓

jurinrin.hatenadiary.com

その後ジアンからは、何度も熱烈にデートのお誘いがあったけど、忙しいフリをしてお断りしてた。丁度コロナ騒動だし、誘われてた水族館も競馬場も閉鎖だし。充分愛人には妬いてもらったので満足。

 

ジアンに近づこうとしていないのを察してか、今度は別の女友達と三人で飲もうと誘って来る。ジアンはいつでもOKらしいけど、女友達と私との間で、なかなか日にちが決まらない。

 

「じゅりんさんは一緒に飲むのを避けてるでしょう?でも他の人とは飲んでるでしょう?いつだったら行けるの」

 

痺れを切らしたジアンにそう言われたので、予防線を張って

 

「ごめんなさい。今晩ならいけるんだけど。最近コロナ騒動で仕事も待機が多いから、お休みが確定するのが急なのよ」

 

と告げた。

時間は午後4時。まさかこれから飲もうという話にはならないだろう。

でも、ジアンは負けなかった。

 

「わかった、じゃあ今日行こう。他に誰も来れなくても、気軽に二人で飲むのはどうかな。少人数のほうがコロナ対策だし」

 

裏目に出てしまった。とは言え明確に断らない私が悪い。

だけどどこかで、ジアンと会えることを期待してた気もする。

どうせ誰も他に誘う気なんかないのは分かってる。

だけど一応、愛人には先手を打ってLINE。

 

『話の流れでジアンさんと今晩飲むことになっちゃった。また尋問されたら、アナタとの事を吐露しそうで自分が怖い。うっかりバラしたらごめん』

 

数日後、ジアンと愛人は飲む約束をしているらしい。

いつかバレるのは仕方ないし、むしろバラしたいと愛人も私も密かに思ってる。

だけどバラしたところで、誰も得をしないことも分かってる。お互いの共通の知人が多いから、様々な誹謗中傷を浴びるだろう。

愛人は独身なのに、ダブル不倫以上に隠れてデートしてるのも歯痒いところなんだけど。

f:id:minajurin:20200325104709j:plain

 Photo by Sandra Seitamaa on Unsplash

 

ジアンとは、私が前から行きたかった下町で待ち合わせ。

愛人のことは気になりながらも、単純に別の男と待ち合わせるのは楽しい。

 

日本語、中国語、英語を操る彼は、世界情勢も持論を展開するし、働き方も私に似てる。たくさん働いたら長い休暇を取る。彼は今、その休暇の期間。

顔はタイプではないけれど不快ではない。年は私と同じで、最近周りが年下ばかりの私としては、かなり安心感がある。

総合点としては高いほう。愛人の親友じゃなきゃ口説くとこなんだけど。

 

今日はウェスタン風の服装で現れた。

相手がオシャレしてるかしてないかで、自分のことをどの程度のランクに見てるかわかるよね。ジアンは最初に偶然会った時はラフで無防備だったけど、その後はいつもテーマが違うオシャレをしてくる。私に見られてることを意識してるはず。

服装を褒めると満更でもなさそう。

 

まずは前に私が行きたいと言っていたセンベロの立呑屋で乾杯。

その後は路地裏のこだわりウィスキーのバー、ガード下なのにめっちゃオシャレなワインバーと梯子。どこもすごく楽しいお店。

 

「じゅりんさん、彼にはもう、気持ちはないの?」

 

度々愛人とのことを尋ねられる。

酔えば私がボロを出すと思ってるのだろうか。

 

「さぁ、どうでしょうね」

 

そう返事をしながら、愛人には

 

『またジアンさんに勘ぐられてる。尋問きついわ。吐いてしまいそう』

 

と、飲んでる2ショット写真付きでLINE。

愛人も気にしてるようで、すぐ返信が来る。

 

『いいなー楽しそう』

 

『楽しくないわ、アナタがいないと』

 

ジアンが席を立ってる隙にLINEしてたら、いつの間にか戻ってた。

クスクス笑いながらLINEする私に、ジアンが畳み掛けてくる。

 

「誰とLINEしてますか?彼ですか?今は僕と楽しんで」

 

「じゅりんさん、可愛い可愛い」

 

「僕達は、良い友達になれそうだね。でも本当に今は彼氏がいない?」

 

私にはジアンの気持ちは痛いほどわかる。

共通の友人知人が多い中で出会うと、そう簡単に口説けない。

どんな噂が流れるかわからないし、下手を打つと他の友人を失う結果にもなりかねない。

私達のコミュニティの中では、そんなカップルを何組も見てきた。

だから私も愛人を口説くのは相当に慎重だったし、時間をかけた。

 

時々気持ちを尋ねられながら、はぐらかしながら、私達はたくさんの対話をした。

働き方、人生観、世界情勢、これからのこと、過去の恋愛、宗教観、バイクのこと、好きな土地の話、ジアンの故郷…楽しい、話は尽きない。

 

英語力を鍛えたいと言う私に、時々ジアンが簡単な英語で質問してくる。

私も英語で尋ねると、答えたくない話題については中国語で回答してくる。

こんなグローバルな会話も楽しいし、何を尋ねても自分の意見をしっかりと持ってることが面白い。

だからと言って、自分の主義主張を押し通すわけではなく、私の意見も尋ねてくれる。

納得いかないことは持論を展開し、それでも対立する意見の時はお互いの良いところを探ろうとしてくれる。

 

こうゆう対話の仕方、好きだなぁ。

別の出会い方をしてたら、と一瞬よぎる。

さすがに愛人の親友じゃあね💦

 

楽しく飲んで、途中まで同じ電車に乗って(ジアンの自宅は逆なのに)送ってもらって。酔ったジアンがずーっと私の事を「可愛い可愛い」と言ってくれてまんざらでもない。

普段『綺麗』と言われることはあるけど『可愛い』はあまりないから、ちょっとくすぐったい気分。あーもったいないなぁ、この人。友達として楽しもう。

 

バイバイまたね。

手を振って分かれた。

 

帰り際、愛人にLINE。

 

『いま分かれたよ。色々尋問厳しかったけど、ゲロしなかった』

 

『よく耐えたね!』

 

すぐに返事が来るあたり、それなりにヤキモキしてたのかしら。

イイ男が目の前にいても口説けないのはちょっと残念だけど、やっぱり愛人が可愛いからこのままで。

愛人が上手く妬いてくれてたら良いんだけど。

 

 

・・・

じゅりんのTwitterもあります。ブログの感想などDMいただけるととっても嬉しいです♪女子同士で恋バナもしたいですね。

twitter.com

 

ランキングにも参加してます。ポチっとよろしくお願いします💛


人気ブログランキング