人妻の気紛れで自堕落な生活

人妻の夜遊びとか不倫とか時々仕事とか

しもべが欲しい

ああ、しもべが欲しい。

一昨年はしもべがいたんだけど、私が捨てた。

あの時なんで上手くやれなかったんだろうなと思う。ちなみにしもべはしもべなので、セックスはしない。もちろんキスも。たまにご褒美に手繋ぎ程度はありかなぁという感じ。

 

一昨年キープしていたしもべは、chatで知り合った。

「女友達作りたいから、女の子とchatしたいけど、いま女の子がchat来てないから少しだけなら話してもいいよ」みたいな言い訳をしながら、しもべに近づいた。

 

歳がわたしの2つ上で平日も休みが多く、割と近くに住んでて独身。

こうゆう人って言い方悪いけど便利。

 

主婦は何かと夜は外出しにくい。こんなに自由に遊んでる私さえ、外出のペース配分を気にしてる。だから昼間ちょっとご飯食べたり、買い物に付き合ってもらったり、一緒に映画みたりしてれるしもべは、一人いるとほんと便利。

もちろん私も大人なので、一人で何でもできる。だけどたまには男の人を同伴したい時もある。見栄えが良さ気なら尚更良い。

 

セックスするわけでもない間柄でも喜びを感じてくれるしもべ。他の男の話をしても、微笑を浮かべて聞いてくれるしもべ。思い出したらしもべって、本当に都合よかった。呼び出せば、喜んで駆け付けてくれる。

優しいし、気も利くし、見た目も悪くないけど、寝たいとは思えない男。

 

なぜしもべを捨てたのかというと、かなり彼の気持ちが重かったから。

去年の私の誕生月に、いきなりダイヤのネックレスをプレゼントしてくれた。

そこまではまだいい、気持ちは受け取る。

その時の彼との会話が、恐ろしくなってしまった。

 

f:id:minajurin:20191104143935j:plain

「びっくりしたけど嬉しいよ、ネックレス有難う」

 

「細やかですが、喜んでいただけて嬉しいです。ちなみにダイヤはエンゲージの意味を込めてます」

 

「…あの、分かってると思うけど、私は結婚してるし離婚する気もないよ」

 

「知ってます。でも旦那さん、かなり年上でしょう?」

 

「そうだけど…」

 

「その先の未来は分からないでしょう?」

 

「…それは、夫の死を願ってるってこと?」

 

「そうは言いませんけど、じゅりんさんが未亡人になったら、自由ですよね」

 

正直、この人が怖くなった。

なんだかダイヤも怖くて、返そうとしたけど受け取ってもらえない。

仕方ないので頂いて、姪にあげた。手元に置いておくのも怖いし。

 

それからしもべには会っていない。

あの時、もうちょっと上手くしもべを躾けることができなかったものかと、今も悔やむ。同じようなしもべはなかなか見つからないんだろうなぁ。

とても残念。

 

ダイヤモンドも色々だけど、小さくてカットが綺麗なものが好みかなぁ。

あ、私の好みだけど(笑)

 

 

f:id:minajurin:20191015170431j:plain